家

正しい知識で行うダニ退治【徹底的に駆除したほうが良い害虫】

住宅を守るために確実に

シロアリ被害

住宅の耐久性

住宅内でシロアリが発生すると、その住宅の耐久性は大幅に低下します。なぜならシロアリは、住宅の建築に使われている木材を、地面に近い土台の部分からどんどん食べていくからです。これにより土台はもろくなり、壁や屋根などをしっかりと支えることができなくなります。すると、強風や地震の揺れなどで、倒壊しやすくなるのです。そのため多くの人が、住宅を守るためにシロアリ駆除を業者に依頼しています。業者は、発生しているシロアリを殺虫剤などで全滅させることはもちろん、もろくなった土台の補修もおこないます。食べられた部分を鉄板で補強したり、新しい木材と交換したりするのです。そのためシロアリ駆除後には、住宅の耐久性は高まります。

見逃さずに駆除

シロアリの卵は女王アリが産むのですが、女王アリの生命力は高く、寿命は10年ほどとなっています。したがって、万が一シロアリ駆除でこの女王アリを残してしまうと、シロアリ被害が再発生することになります。これを防ぐため、シロアリ駆除はほとんどの場合、素人の手ではなく業者の手によっておこなわれているのです。業者は、専門知識またはシロアリ探知機などを駆使して、全てのシロアリの巣穴と女王アリとを見つけ出します。さらに、住宅の下の地面だけでなく、庭など敷地内の地面でも、シロアリを探すのです。そのため、シロアリ駆除後の被害再発生のリスクは非常に低いと言えます。そのことから、多くの人が業者を信頼し、作業を任せているのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加